03-5879-3883
0120-900-647(予備)

東京都江戸川区一之江8-13-9 FRONT4階

問診票
ダウンロード

禁煙外来

禁煙外来とは

禁煙外来のイメージ画像

当外来は、現時点で喫煙をされていて、禁煙をしたいと考えている方が対象となります。なお禁煙治療につきましては、医師が初回の診察時に患者様を診て、一定の条件を満たしていると判断されると健康保険が適用されます。なお、適用条件を満たさないと全額自己負担とはなりますが、同様の治療を受けることはできます。

禁煙治療が保険適用となる条件

  • 今すぐにでも禁煙したいという意志がある
  • 問診票からニコチン依存症と診断される
  • 35歳以上の喫煙者で、ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上である
  • 禁煙治療を受けることに対して文書にて同意している

治療内容について

医師が診察した結果、必要と判断した場合に禁煙治療が開始されます。この場合、治療期間はあらかじめ決められていて12週間となっています。その間に計5回の通院が必要となります。なお同治療に関する費用は、保険診療が適用されると2万円程度、全額自己負担(自由診療)となると、5~6万円程度とされています。

なお保険適用で治療を受ける場合に使用される禁煙補助薬はニコチンパッチがバレニクリン(チャンピックス)です。
※現在、バレニクリン(チャンピックス)は製薬会社のファイザー社が出荷保留の措置をとっており、それに伴い新規の患者様による処方を停止しております。

ニコチンパッチは、皮膚からニコチンを吸収していくというもので、ニコチン切れによるイライラ症状が抑えられるほか、タバコの煙から発せられる発がん物質などを吸わなくてよくなるという利点があります。1日1回起床時に張り付けて、就寝時に取るという使い方になりますが、ニコチンパッチに含まれるニコチンの量を徐々に減らしていき、最終的には貼らないようにしていきます。また、同じ部位に張り付けると肌がかぶれることもあるので、毎回違う部位に貼付していきます。

一方のバレニクリンは、飲み薬でニコチン成分は含まれていません。ただ同薬に含まれる成分が脳内のニコチン受容体に作用するようになるので、ニコチン切れによるイライラ感などの禁断症状は抑えられるようになります。なお治療開始時から7日目までは、喫煙をしながら服用していきます(吸ってもおいしいと感じなくなるので1週間を待たずに喫煙する方も多いです)。そして8日目から禁煙をしていきます。

なお治療の最中に、もう服用しなくても問題ないと患者様ご自身が感じたとしても医師の指示がない限りは最後の通院日まで服用し続けてください。また副作用に関してですが、吐き気、便秘、不眠、頭痛などの症状がみられることがあります。このような症状があれば、医師にご相談ください。そのほか、うつ病の患者様が服用するとうつを悪化させることがありますので、その場合は処方をいたしません。

診療内容
内科 循環器内科 糖尿病内科
院 長
福江 光倫
住 所
〒132-0024
東京都江戸川区一之江8-13-9 FRONT4階
TEL
03-5879-3883
0120-900-647(予備)
最寄駅
都営新宿線一之江駅 徒歩1分
受付時間…午前 8:45~12:00 午後 14:15~17:30
休診…月曜、土曜午後、日曜午後、祝日
診療時間
9:00~12:00
14:30~17:30
Page
top